癌の免疫療法の主な特徴|メニエール病の正体|現代の技術をあなどるなかれ

メニエール病の正体|現代の技術をあなどるなかれ

ナース

癌の免疫療法の主な特徴

受付

副作用が少ない特徴

免疫治療と言いますのは、人の持っている自然回復力を強力なものにして、疾病をケアするアプローチです。癌の免疫治療については、既存の抗がん剤等に起因する副作用、あるいは苦しみがない、病を患っている方に影響が少ない革新的な治療ということで、脚光をあびていると言えます。療法については、癌細胞の増加の軽減、さらに手術した後の癌の転移や再発の防止にフィットしています。その上、三大療法とセットすることで、シナジー効果を発生させ、副作用に関しても減少されます。癌の免疫療法にはいろいろな方法があり、広く実施されているのは活性化自己リンパ球療法で、患者自身のリンパ球を活性化させ、改めて本人の体へ戻す療法です。それのみならずNK細胞や、樹状細胞を活発化させた免疫療法や、サイトカインと言われている物質を活用する方法などがあります。

急速に進化した要因

癌免疫治療法が急速に前進した背景は2つあります。まずは免疫応答を押さえる分子の機能について一部分が分析されたことそれから、癌細胞についての免疫応答高くする免疫細胞の開発です。前者につきましては抗PD-1抗体薬などに代表されている免疫チェックポイント阻害剤です。局部的にはもうすでに日本においても承認されていまして癌免疫治療に活用されています。ダイレクトに癌細胞に攻撃をかけることは避けて、癌細胞を襲い掛かるTリンパ球を阻止する分子の活動を壊すことで、がん細胞に対してのリンパ球特有の突撃性を復活させるというプロセスで腫瘍に効果を発揮します。それに対して、免疫そのもののアクセル作用を上げて癌に対しての突撃力をステップアップさせる典型的なものとして、樹状細胞ワクチン治療法が存在します。これについては、体内において、樹状細胞が癌の目印を組み込んで、それをリンパ球に対して伝達し癌を対象として突撃させるシステムを用いたものになります。