気づきにくいがん|メニエール病の正体|現代の技術をあなどるなかれ

メニエール病の正体|現代の技術をあなどるなかれ

ナース

気づきにくいがん

病室

肝臓はよく「化学工場」に例えられる臓器で、吸収された栄養素を貯蔵したりエネルギーに変えたり、有害物資の排泄などを行っています。しかし、大事な働きをするこの臓器は再生能力が高いため、肝臓がんになっても初期の場合は症状が出ないことが多く、早期発見のためには定期的な検査が必要となります。肝臓がんになった場合は外科治療、局所療法などの治療法があり、複数の選択肢の中からそのときの状態に合ったものを選ぶことが可能です。そして、そんな中で最近注目を集めているのが「ラジオ波焼灼術」ですが、これは、体に負担がかからない治療法と言われています。さらに、再発が多いとされる肝臓がんが再発した場合にまた受けることが可能であり、手術に比べて入院期間が短いなどの利点があるので、取り入れる病院が増えています。

肝臓がんの主な原因は肝硬変と言われているので、肝臓がんにならないためには、まず肝硬変を予防することが大切です。肝硬変を引き起こすものとしては、アルコールと肝炎が挙げられますが、特に多いのがC型肝炎です。そのため、肝硬変を防ぐためには、アルコールを控え目にすることと、定期的な肝炎の検査を行うことが望ましいと言えます。また、初期の症状はあまり出ないと言われていますが、疲れやすかったり出血がとまりにくいなどの症状が少しでも出た場合は、病院に行ってみた方が良いでしょう。この他では生活を規則正しいものにして、バランスの取れた食生活を心掛けることも大切です。また、青魚などの肝炎に良いと言われる食物を取ったり、肝臓の健康を維持することを目的としたサプリメントなどを摂取することも、肝臓病の予防になるはずです。