メニエール病の正体|現代の技術をあなどるなかれ

女医

特殊な病気と付き合う

診察

病気の付き合い方の注意点

世の中には様々な病気があります。一般的によく知られているがんや脳卒中のほかに、我々が耳にしたこともないような病名のついた病気まで沢山です。メニエール病はそんな病気の1つです。メニエール病とは、内リンパ水腫が原因とされています。発症してしまう要因はストレスや睡眠不足など、生活習慣にかかわる部分が多いです。ご自身がメニエール病の可能性があると判断された場合、まずは病院に行ってみることが重要です。そこで診察を受けたうえで、治療が開始されます。メニエール病と上手に付き合う方法は、なるべく症状が軽いうちに特定できるように早めに病院を受診すること、治療の際はあまり精神的に気負わずに、必ず治療できるものというぐらいの気構えでいることが大切です。

この病気の特徴

メニエール病は上述した通り、内耳にリンパ液が溜まってしまう(詳細は病院の先生にお問い合わせください)ことによる病気です。めまい、難聴、耳鳴りなど、耳に関連する様々な症状が出てきます。さらにメニエール病の特徴として、これらの症状が繰り返し発症する、という点にあります。初回に発症したのみで、病院を受診すると、メニエール病以外の突発性難聴など別の病気と判断されてしまいがちだそうです。いずれにせよ、初回の受診だけでは正確に診断結果が出ない可能性もありますので、症状が出たら何回でも構わないので、都度病院を受診する必要がありそうです。都度病院を受診することにより、結果的にメニエール病の早期発見につながってきます。

癌の免疫療法の主な特徴

受付

癌免疫治療はご自身の免疫細胞をケアに活用することから、副作用がほとんど見られず、体への負荷がほとんど無いことが最も大きい特徴になります。副作用が少なく済むため、いわゆるQOLを保持しながら治療を継続することができます。研究が進み癌免疫治療が急速に前進しています。

気づきにくいがん

病室

肝臓がんは初期の段階では発見されにくい病気なので、定期的に検査を受けることが大切です。また、肝臓がんの治療法としてはさまざまなものがあり、体にやさしいと言われるものを選ぶことも可能です。さらに、この病気は肝硬変が原因となることが多いので、肝硬変にならないように生活面などで注意することもお勧めします。

子宮に関する病気

女性と医師

子宮の病気の1つには、子宮頸がんがありますけど、早期に発見する事ができれば完治できる可能性も高くなってきます。また、定期検査を受ける人が多くなっている理由としては、早期発見早期治療ができるメリットがあるからです。